落葉

朝のポタリング
公園は木の葉が散って明るい雰囲気です
この時期のこういう日和を小春日和というのだそうです
娘が生まれた時「小春」という名前にしようとしましたが坂田三吉の女房が・・という事でボツでした(w)
22ffb186.jpg
紅葉も良いですが、落葉もまた良いですねぇ 続きを読む

ソムリエ

っていうかぁ?ナニゲに超ムカつくってカンジィ?・・なので今日は友人のクリニックへ病院

昔、食道の手術をした時に横隔膜を切ったので幽門が開きっぱなしで、それでまた逆流性食道炎だろう・・とは思うけど、念の為に胃カメラを飲む事にした。
fa581660.jpg
私は胃カメラのソムリエでして(w)もう何十回も飲んでいるのでもう慣れたものですぅ
いつぞや夏に飲んだ時、「のど越しさわやかな冷やしファイバーにしてよ」と冗談を言ったら看護婦さんが「センセめんつゆ持って来ましょうか」だって(w)

昔は太い光学式も飲んだし、更に太い超音波内視鏡も飲みました。
あと一週間待てば鼻入れる細い電子内視鏡が導入されるという話でしたけど、まあいいや普通ので。
鼻から入れる細いのを のどから入れるのが一番楽だそうです


続きを読む

シェラカップ

サイクリングにもシェラカップが一つあると色々使えて便利ですね
4250944a.jpg
これ愛用のカップです20個まとめて買っちゃいましたぁ 続きを読む

ピストル

トイレには水鉄砲はてなはてなはてな
f0e6f78a.jpg
だってあのブラシって何億個ものバイキンが付いてるってテレビで言ってたし・・

汚した時に結構便利ですよ

ランタン

このあいだ物置を開けた時にこんなものがありました
キャンドルランタンです
キャンプにはガソリンやガスのランタンが明るくて良いですけれど
キャンドルランタンの揺らめく炎を見ていると何かホッとしますねぇ
c7afc88e.jpg
サイクルキャンピングに良いかも・・
昔は雲母の張ってある折りたたみ式のランタンを持って行ったっけ。
続きを読む

トレーラー

ボクの行くところへ付いておいでよ?♪譜面マイク
・・ってトレーラーの話。。

ブリジストンワンタッチピクニカ用に作ったトレーラーです。
撮影用にワンコを乗せましたが大迷惑といった顔です。
5d725fa6.jpg


以前ダニエルの線画にトレーラーがあったのでそれを持ってT社に行ったのですが予算の都合で断念しました。
トレーラー位だったら自分で作れるわい・・とピクニカ用に自作してみました。

ちゃんとしたトレーラーをオーダーして、ランドナーで曳いてみたいですね。

冬が来る前に

今朝、娘のクルマのタイヤをスタッドレスに替えました。
タイヤ交換はもう手慣れたものです。
はずしたタイヤの何か良い保管方法は無いものでしょうか?ガーデンテーブルにするとか・・
とにかく邪魔なんですよねぇ 

ade7a75b.jpg

娘は田舎で暮らしているので5年でなんと7万キロ!
このクルマ、燃費は良いしコントラバスも積めるので、すごく重宝しているみたいです。

おかげさまで4マンアクセス

18年5月9日にうっかり始めたブログですが
本日4マンアクセスになりましたクラッカーいつもごらんいただいている皆様ありがとうございますにっこり

四万アクセス記念として群馬県四万温泉に4名の方をご紹介します!(←ご招待じゃねぇのかいっ!)

ま、くだらないブログですが自衛隊の心意気(注1)で精進いたしますのでこれからもよろしくお願いします。サボテン
172625d4.jpg

注1 ひたすら日々行進=日々更新(w)

シブガキ

昔は運送手段や保存技術が無かったので甘柿は家族が食べる分くらいで
渋柿のなる柿の木を多く植えたそうです。
渋柿を干し柿やたる柿にしたりして遠方に出荷したそうです。
皮から取れる柿渋は防水効果があるので傘や雨具に使われたそうですのでシェラックの代わりにバーテープに塗ったりバッグに塗ったら良いかもしれませんね
このあいだ、みのもんたがお昼のTV番組で柿の皮を粉にしてミルクに入れて飲むと良い・・と言っていました。何に良いのかは忘れましたすいません
f270fee2.jpg
今日は今日、明日は明日の健康法

文学の秋

秋シリーズ第4弾ですぅ(w)

ここのところ良い天気が続きますので毎朝ぐるっとポタリングしています。
道を外れるのが好きなので ふらっと児童公園に入ってみました。
私が子供の頃よく遊んだジャングルジムは健在でした。
bdf17f5b.jpg
この場所には昔、万松楼という割烹料理屋があって正岡子規が滞在した事があるそうです。

「万松楼といふ宿屋へ往てこゝに泊まって見たが、松林の中にあって静かな涼しい処で意外に善い。
それにうまいものは食べるし丁度萩の盛りといふのだから愉快で愉快でたまらない・・・。」とわざわざ四国の松山から友人の夏目漱石を呼び寄せ、一緒に帰京した様子を 随筆「墨汁一滴」の中で書いているそうです。

私は随分由緒ある場所で遊んでいたのですねぇ
続きを読む
アクセスカウンター

    記事検索
    最新コメント
    livedoor 天気
    月別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    プロフィール

    pajyamayuzo

    • ライブドアブログ