2010年03月

桜ポタ

朝起きたら霜柱が!! もうすぐ四月なのに

寒いけど天気は快晴なので 公園を一回り

俗っぽい感じがこれはこれでまた良いですねぇ
日本人の美意識ってのはこんなもんですかねぇ

004
続きを読む

あふ~ん

早起きしちゃったので
たまには私が雨戸を開けて 
そーだ!こないだ買って来た焦げ付かないフライパンってのをテストをしてみよう!

牛乳を入れて卵焼き完成 イイカンジ

003
続きを読む

魔物の住処

片側二車線道路コチラは60km/h中央車線走行中
中央分離帯の切れ目で対向車線のクルマがウインカー出して右折待機中

「あ、ハンドル切って待ってるよ バカだねぇー アイツ 追突されたら反対車線に飛び出しちゃうじゃん」
と思って少し左に寄ってすれ違った瞬間  その右折車がドーン ドーンと玉突き追突されてました
危機一髪で難を逃れました

ガラス窓を少し開けていたので至近距離で思いっきり衝撃音が耳に入りました



006

この場所には昔お墓があったそうで・・とにかく事故の多い場所なのです
直線が少し折れ曲がっているせいかもしれませんが・・

以前 自転車二人乗りの兄弟が撥ねられて亡くなったのもこの場所です
近所の方はココを通過中 気が付いたら病院のベッドの上だったそうです
バスの前輪が浮き上がって横転したというのも聞きました
新婚さんが二次会に行く途中 新婦が即死とか
クリスマスイブに女子高生がダンプに轢かれたというのもありました
御祓いをしたそうですがそれでも事故は無くなりません

安全運転は当たり前 それでも道路に魔物は住んでいます 気を付けましょう!

女子高生と・・・・・・

昔々の女子高生サイクリングクラブです

季節は春分の日からみの今頃でしたねぇ
自分も飛び石連休の間の日を学校に許可を貰って欠席してのコーチという事で参加したのです

土曜日午前中授業で午後からスタート 
彼女達の机上のプランニングで距離を時速で割る単純計算
けっこうダートの道もありましたから距離がはかどりません

流山あたりの写真です もう影がけっこう長くなっちゃっていますねぇ

002

柏で日が暮れてナイトラン  数名はライト点かず オイオイ

でも幸いな事に満月 
月光に照らされた幻想的な明るい落花生畑の中の道を走って
印旛沼のYH湖畔荘に到着したのはもう9時近かったと思います


続きを読む

トーエイのマーク


自分で金線引きしたフォーク部分ですが・・ちょっとさみしい  そこで・・

008
続きを読む

ロングライド


いつも大人数でゾロゾロ走るのも良いけど たまには思いっきり自転車を走らせてみたくなる気持ちは良く分かります

クラブの若い衆(比較的)5名が浦和ー軽井沢を走ったそうです



長距離快走車という言葉に魅せられて ルブールの線画を持ってTOEIにオーダーしたパリブレス風の自転車で 浦和ー軽井沢ー浦和に挑戦したのはもう35年も前の事です

参加者は結局クラブの後輩のJ野君と私の2名だけ
午後9時に浦和をスタートし夜中の17号をかっ飛ばしたのでした
001

夏とは言え 夜は冷え込んで 膝を冷やしてしまいました
タオルをガムテープで膝に巻いた姿が痛々しいですね

真っ暗な碓氷峠のバテバテの登り 道端に一際明るく赤まむしドリンクの自動販売機が・・
よっしゃ!これでファイト一発~! と思ったけれど
軽量化の為にお金は お札しか持っていなかったので買えなかったのでした w

クラブ55周年はロングライドで長野までという話もある様ですが 
ポタリストになってしまった私にはちょっと無理かも・・

春一番

春一番ってわけじゃないんでしょうけど スゴイ風

仕事を休みにしましたが 出鼻をくじかれて 
仕方なく世間一般並みに お墓参り

趣味は自転車 仕事は 止まるば倒れる自転車操業で 休み慣れしていないので さて何処へ行こう? といっても意見まとまらず・・・というか思い付かない
それで何となくお墓参りの帰り道にドイトドンキ・・とほほ

でもこんな物発見!

50ccミニカーの車庫に良いかも
作業小屋にも良いかも

007
続きを読む

光届かず


ドーン!  とうとう買っちゃいましたぁ
LEDフルハイビジョン!

002
いままでのTVが壊れて 慎ましく16インチ液晶で見ていたのですが 
エコポイントが使えなくなる?とか何とかいうので そんな政府と電器屋の作戦にまんまと引っかかって 買ったのでした

これでやっと世間並みの生活になったわ とヨメさんは喜んでいます



続きを読む

空き缶工作 創刊号

ネタが無いので・・・工作 


材料  アルミ350cc缶 6缶

ハサミ 普通のでもOK 先の尖ったものがベター

まず ガツッと突き刺して切り始めます
2010 2 384
続きを読む

帰って来いよ


白いペンキで 2 と書いてマジックを吊るしておいたら こんなに書き込んでくれました

002

足が命のサッカー選手の足に骨肉腫とは・・・・なんとも過酷な試練を神様は与えてくれるものです

よろしかったら応援メッセージをコチラにもおねがいします

檸檬



檸檬を朦朧と読み違えたヤツがいましたが

私ゃちゃんと知ってましたよ
さだまさしの歌にありましたからね
書けないけど読めましたよ

そういえばあのおしゃれなLEMON画翠って今もあるのかなぁ?

001

ドーン
なんじゃこの味 バリウムについてるフレーバーと同じじゃんー ∑(=゚ω゚=;)
飲んだら意識が朦朧としそうになったわぃ

大腸ファイバーやる時の下剤にパイナップルの味が付いていて それを2リットルも飲んだので
以来 パイナップルが嫌いになってしまいました
昔は親父がパチンコの景品で取って来てくれたのでけっこう好きだったのですが・・・・

検査で口にするものに余計な味をつけないで欲しいですねぇ続きを読む

何であるアイデアル


町で見かけたゴン太自転車  (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


001
続きを読む

心に残る風景

我々サイクリストの様な流れモン(笑)は 立ち止まっている時間が短いので 下手をするといつも風景が流れているので あまり記憶に残らない・・という事があるかもしれません

自転車の場合はそれでも速度が遅い方ですし 視界も360度 風も匂いも感じられる訳ですが

子供を連れてクルマで高速道路で旅行をしても速度は速いし 
きっと子供の記憶にはきっとサービスエリアの思い出しか残らないだろうなぁ

2010 2 725

たとえばツーリングの途中に地図の裏に簡単なスケッチをしてみるだけでも
案外ASA感度の低い人間の脳にくっきりと長時間露光でその情景を焼き付けられるのではないでしょうか






続きを読む

LEDの欠点


ひゃーまた雪が降りましたね
なごり雪と言うのでしょうか 春の重たい雪です
ほんの10分くらい走っただけで バッテリーランプのレンズに着雪してしまいました
002

省電力長寿命 良い事づくめのLED  最近は信号機などにも採用されていますが雪国では着雪によって見えにくいという問題があるようです
白熱電球の時は電球の熱で雪が溶けるので問題が無かったのです

クルマにもLEDのヘッドライトが採用され始めていますが こういった問題が出てくるでしょうねぇ
デフォッガーかワイパーが必要になるかもしれません

昔乗ってたパジェロにはヘッドライトウォッシャーが付いていて ボタンを押すと高圧噴射でヘッドライトの雪や汚れを吹き飛ばす事が出来ました

自転車用ワイパー付きバッテリーランプを作りましょうか・・続きを読む

ヒューマンスケール

主宰するまちづくりの会で講演会を開催しました

市からン十万円の予算をもらって活動している会なのですが
予算が余ってしまって・・・というところ
年度末決算時の役人の気持ちが良く分かります
消化事業のつもりが会場一杯の大盛況@@


001

一般的には「再開発」という言葉はすばらしいというイメージがあるかもしれませんが
実情はどうでしょう?

熱病の様に全国各地で行なわれた再開発事業の末路は惨憺たるもので 
地域経済の起爆剤・・だったはずが地域経済の不発弾になってしまっています

行政とデベロッパーが結託して コバンザメ商法などという姑息な夢見る権利者がそれに乗り
欲の結晶として各地に出来た巨大ビル開発は 経済状況 業態の変化に対応出来ずに 都市空間の健全な高度利用とは程遠い 低度利用 親ザメのデパートも撤退するに至りビルの地権者も真っ青という状況です

東京には空が無い・・と千恵子は言いましたが 「空あります」の看板だらけの街

今はもう空き 誰もいないビル 知らん顔して人は行き過ぎるけど・・
辛くても辛くても死にはしないと~♪

続きを読む

雨あがり


雨上がりのさわやかな朝

いつもの道をポタリング 青空の写る水たまりを突っ切ります ガード付きですからね

009
続きを読む

ひなまつり

今日は楽しいひな祭り~♪ って 何で全部マイナーコードの曲なんでしょ?
雛飾りを出して飾るのが億劫 仕舞うのが億劫 それでかな?

006

ウチにも段飾りはあるけれど もう随分飾った事がありません
もっぱらこのポン置きのミニチュア飾り
出すのも仕舞うのも30秒!

雛飾り代行業なんてのがあると便利かも
でもそんな事まで頼んだら意味が無いか・・


骨董


冷たい雨降る日曜日の朝
018

当然 SLTM朝ランは中止でしょうね
続きを読む
アクセスカウンター

    記事検索
    最新コメント
    livedoor 天気
    月別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    livedoor プロフィール
    • ライブドアブログ